英語の読み書きでも、ヒアリングでも、発音でも無い、新しい無料英語学習法「ビデオで英語感」

2002年に「下手な英語もこうすりゃ使える」というメールマガジンを始めてから、ずっと、英語が使える様になる上で、大切なことは何なのだろうと考えてきました。

先日、海外生活24周年を迎えた英子ですが、、、日本人の方々から、「どうやったら英語が話せるようになりますか」と相談される度に、その場面その場面で、「こういう表現を使うと上手くいくよ」とか、「きっとそれは、○○っていう意味で相手の人は言ったんだと思うよ」というようなアドバイスをさせていただいたりしたのですが、、、なんか、こう、「これだっ!」っていうおすすめ方法の決め手がなくて…。


英語での数えきれない失敗を経て、、、英語環境で仕事をしたり、大学レベルの勉強をしたり、生活をすることが出来る様になった英子ですが、、、
(注…20代半ばで日本を飛び出した英子の英語の発音は、ネイティブとは違い、日本語(広島弁+関西弁+標準語)+フィジー語+Kiwi Englishの訛りが入り混じった世界に一つだけの「英子訛り(?)」の英語です。笑)

その長年の苦労があったからこそ見えてきた、「英語が使える様になりた~い」という皆さんとシェアすることが出来る「コツ」みたいなものはないだろうかと、一生懸命考えてみました。


英語のニュースクイズ」はあまり効果がないと悟ってから(滝汗;)、構想約1年半。

自分自身の経験を振り返るだけでなく、ネット上で公開されているいろいろな英語学習法や動画等を見たり、慣れない英語環境で奮闘しているニュージーランドに来てからまだ日が浅い日本人の人たちの話も聞いたりしながら、今までの英語学習法(英会話学習法)に足りないものをじっくり考えて思いついたのが、、、


じゃじゃ~ん!
(ちなみに、英語では、こういう時、タダァ~(ta-da又はtada又はta-dah)って言います。)

英語の読み書きでも、ヒアリングでも、発音でも無い、英語の喜怒哀楽、感情を理解する為の「英語感」を先に身に着けるという目からうろこの新作戦。

題して「ビデオで英語感


人と人とが対面で行うコミュニケーションでは、メッセージを伝える為に、言葉は1~2割の役割しか果たしていないとよく言われます。(頻繁に引用される「メラビアンの法則」では7%。)

つまり、英語の授業や英語の試験や、他の多くの英語学習法で重要となる「英語」という言葉だけでは、実際に英語でコミュニケーションをする場合には、効果的にメッセージを伝えたり、相手のメッセージを理解することが難しいのではないかと思います。

実際の日常生活の中での英会話では、表情や口調や身振り手振りが、メッセージを伝える為には重要になるからです。


正しいセンテンスを正しい発音で言うことが出来ても、どんな場面の、どんな状況で、どんな表情と口調と身振り手振りで言えばいいのかが分かっていないと、会話がちぐはぐになってしまいます。

例えば、英語が苦手だという不安が表情に出ていると、聞き手は、不安な話やネガティブな話をされるという心構えで聞くので、話の内容がそれに反して明るい話題だったりすると、それだけで、伝わり難くなったりするそうです。


赤ちゃんが言葉を習得する時にも、言葉より先に、状況や、話し手の表情や声のトーンを理解しますよね。言葉の前に、泣いたり笑ったり怒ったり喜んだりですよね。

英子の経験から比較してみると、特に英語は、日本語に比べて、表情や口調や身振り手振りがより重要になる言語なのではないかと思います。


例えば、ニュージーランドに来てすぐの日本人の人たちが英語で困っている状況に居合わせて気づいたよくあるパターン。
相手から「えっ?」と聞き返された時に、相手が明らかに「声が小さ過ぎて聞こえないよ」というリアクションをしているのにもかかわらず、日本人の人は、自分の英語が下手だから通じてないって思い込んでいて、より自信無く言い直すので、余計に相手に伝わらなくなっている。

内容が分からないっていうのと、聞こえないっていうリアクションには、微妙な違いがある気がします。聞こえない場合は、聞き返される時に、相手の耳が若干前に出てくるとか。内容が分からない時はよりしかめっ面とか。
同じ様な状況を何度も目にしたり、経験すれば、そういった違いも感じ取ることが出来る様になると思います。


下記は、「ビデオで英語感について」のページに書いた例です。

英語に対する苦手意識がある場合、

1) 英語を話そうとする際に、正しい英語のセンテンスを言うことに意識が集中して、表情や声のトーンや口調、ボディーランゲージは、全く違う内容を表現している。

例えば、楽しい内容の話をする際に、表情は、単語の発音が間違っていないかという不安な表情をしていたり、声のトーンや口調は弱い頼りないものだったり、ボディーランゲージは、オロオロと落ち着きがなかったり。
そうすると、相手には、いくつもの違うメッセージを同時に発していることになって、正しい英語かどうかということの前に、何が言いたいのか伝わり難くなってしまっています。

2) 英語を聞こうとする際に、相手の英語のセンテンスを聞き取ることに意識が集中して、表情や声のトーンや口調、ボディーランゲージが表現していることに、全く気付いていない。

例えば、日本の駅で、英語で話しかけられた時に、相手が道に迷って困っているのか、人が多くて道に迷い易いよねという会話がしたいだけなのかとか、似たような英語のセンテンスでも、言葉以外の情報から、話の内容が伝わってきたりします。
顧客や同僚とのビジネス会話でも、友達との雑談等でも、相手が、喜んでいるのか怒っているのか、悲しんでいるのか楽しんでいるのか、相手の感情を理解出来なければ、相手が伝えたいことを本当に理解することは難しくなってしまいます。



じゃあ、実際に、どうやって「英語感」を身につければいいのかってことになりますが、、、

二十数年間英語圏で暮らせば、さすがに、自然に身についてきますが(その反面、日本語感が怪しくなってきているっていう噂も…。汗;)、日本に居ながらだと、自然に身につけることは難しいと思います。


そこで、英子がみなさんに提案したい学習法は、英語の感情を理解することに注目して、ネット上で無料視聴出来るビデオを見まくるというもの。

そうすると、、、

  1. 英語と日本語という言語の違いだけでなく、地域や人それぞれのカルチャーの違い等から、笑いのツボや、怒りの沸点等も違ってくることにも気づける。


  2. 英語のビデオを見て、話し手の置かれた状況や感情に共感して、一緒に、笑ったり、涙したりすることが出来れば、英会話力(特に感情表現力)がアップする。

といった、相乗効果も期待できます!



英子がご紹介する英語のビデオは、分野にとらわれず、ニュースやお笑い、トーク番組、映画の予告編、ドキュメンタリーや雑学知識等など、「これは英語の感情、英語感を身に着けるのに役立つはずっ!」と思ったものなら何でも。

3分以内の短いビデオを1日1本とか、自分に合ったペースで、自分が興味を持てる分野のビデオから少しずつ、

英語の字幕を常に表示して、慣れない内は、再生スピードを遅めにして、日本に居ながらにして「ビデオで英語感」を徐々に身に着けていくっていう方法です。


☆おすすめ視聴方法☆

「ビデオで英語感」の3ステップ動画視聴。
  1. 表情、身振り手振り、声のトーンから、英語の話し手の感情に注目。
  2. 状況の大まかな意味を把握する。
  3. 動画の速度調節や英語の字幕表示を活用して、より詳しい内容を理解する。


ビデオをご紹介している各ページに、「英語感アップのヒント」や「英語に慣れる為の視聴のヒント」も掲載しています。


「ん?面白そぉ~」と思ったら、今すぐビデオで英語感を活用してみて下さい。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

特別企画:LとRの発音徹底攻略~ 90分集中特訓で完全マスター♪

ちょっと前までは、

「分からないことがあれば、Google先生に聞け~(=Googleで情報検索)」

と言ってましたが、

最近では、

「分からないことがあったらYouTubeでHow Toビデオを探せ~」

と言うことが多くなったような…。

料理、手芸クラフト、スポーツ、IT系、自己啓発その他、なんでも揃うYouTubeビデオ。
大学の講義等も、YouTubeで公開されていたりしますよね。


ということで、特別企画として、いつまで経っても自信が持てない、「LとRの発音を、YouTubeのビデオを参考に完全マスター」にチャレンジしてみました。


LとRの発音をキーワードにYouTubeで検索してみると、、、

あまりのYouTube英語オンライン講座の多さに、もう、びっくり。

共通していたのは、

LとRは、日本語に無い音の為、LとRを発音する時の舌の位置に気を付けて、後は、その舌の位置や発音時の口の形に慣れるのみ。日本語で使い慣れている音と同じくらいにLとRにも慣れれば、自然に発音できるようになるし、聞き取れるようになっていくということ。

でした。


せっかくLとRの発音練習ビデオをたくさん見つけたので、英子が実際に見たビデオの中から、面白そうなものをまとめてご紹介します。

YouTubeビデオは、何度も繰り返し聞いたり、設定(歯車のアイコン)から速度を調節して、スピードを遅くしたり、速くしたりも出来るので、自分にしっくりくる方法で利用してみて下さい。

いろ~んな英語のユーチューバー先生がいらっしゃるので、波長が合う先生を見つけたら、チャンネル登録して、LとRの発音以外も、続けて勉強してみて下さいねっ。

ではでは、英子が参考になったぁ~と思うユーチューバー先生によるLとRの発音解説を、ご覧下さ~い。



余談:タイトルに「90分集中特訓」と書いたのは、ご紹介しているビデオの長さをぜ~んぶ足すと、89分3秒になったからです。



超わかりやすいLとRの発音の仕方 (サマー先生の英語発音講座#6・プライムイングリッシュ)

ビデオの長さ: 6:13
チャンネル: プライムイングリッシュ

最初に聞き取りテストあり。
Lは「ん」をつけて、Rは「う」をつけて発音。Rの「う」をつけては、よく聞くけれど、Lに「ん」っていうのは、おぉ~、なるほど~と思ったアイデア。その外にも、ゆっくり発音練習とか、なかなか参考になりましたっ。



LとRの発音のコツ

ビデオの長さ: 16:40
チャンネル: Yumi's English Boot Camp

生徒さんからリクエストがあったという「LとRの音の違い」について、丁寧に解説して下さっています。Rの口の形から音の出し方、舌の位置や動かし方も詳しくて分かり易いです。Rは舌を後ろに引く派。Lは、日本語のラリルレロとは、違います派で、Lについても、下の位置や形、口の筋肉の使い方とか、とても詳しいです。発音は筋トレと一緒~。



イギリス英語パート4 「L」と「 R 」の発音の違い

ビデオの長さ: 5:48
チャンネル: Stephen McLellan

英語による解説で、日本語字幕。母音を付けない「R」単体と、「L」単体の発音練習が、興味深かったです。
手作り感たっぷりの発音練習。最後にどっちの音か、リスニングテストがありますが、音だけじゃなくて、Stephen先生のLとRの発音時の口や舌の動きの違いにも注目してみると良いかも。



RとLの発音は実はすごく簡単!英語の音はただ日本語にないだけ

ビデオの長さ: 8:38
チャンネル: (1秒英会話 大橋健太の英会話お悩み相談室)

Rの発音の舌位置は、巻き舌じゃない派の解説です。定番のRは「う」からはそのままに、巻かない舌位置の準備方法が、とっても参考になりました。



LとRの発音 ①(Light & Right)〔# 043〕

ビデオの長さ: 3:09
チャンネル: バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

もの凄く人気のあるユーチューバーさんのようです。
Rは「う」をつける派。Lは、それでも通じるから日本語発音のまま派。



REINY先生の英会話#115 RとLの発音の仕方!

ビデオの長さ: 7:05
チャンネル: レイニー先生の留学英語

Rは巻き舌派。LRの発音前の、各音の準備について解説してあります。LとRが両方入った単語の練習もあり。



《英語発音レッスン》LとR発音のコツ:L and R consonants

ビデオの長さ: 6:24
チャンネル: Nami Ishikawa

なんとな~く、不思議な世界観のあるレッスンです。両手を口に見立てた、口の中での舌の位置がどうなっているのかの説明が、分かり易かったです。2年ほど前に「お仕事女子のための24時間でマスターする英会話」という書籍も出版されているとか。昨年ご結婚されて、ブログは、今年の7月に最終投稿を済ませられているので、YouTubeも新たな投稿は期待出来ないかも知れませんが、既にアップロード済みの英会話・英語発音レッスンがあります。



LとRの発音!(今まで誰も教えてくれなかった秘密を暴露!)

ビデオの長さ: 8:25
チャンネル: Hana English

Lは舌に力を入れず、リラックスさせる派。Rは、巻き舌派。発音時の口の拡大映像や、下から見た映像(顎や喉の動きが分かり易い)があったり、発音記号が表示されたり、いろいろと工夫して下さってます。どんな質問も大歓迎だそうです。



イギリス英会話[#12]英語レッスンLとRの違い。が上手に出来る!発音練習方法とコツ

ビデオの長さ: 8:24
チャンネル: Chiaki

Rは「う」をつけて口をすぼめる派。イギリス英語とアメリカ英語の違いの説明も分かり易いですし、日本語のラ行の音との違いの説明も分かり易かったです。巻き舌は、アメリカ英語系なんだぁ~と、納得。



レッスンその1 "L" と "R"

ビデオの長さ: 9:40
チャンネル: Yuu Asakura

LA(ロサンゼルス)で女優さんをされているとか。アクセント矯正もされたそうで、経験を踏まえて、RLの発音の違いを解説して下さっています。日本のラ行の音を基準に、英語のRとLとの違いを知るというのが、とても参考になりました。



How to Pronounce "L" and "R" [ ForB English Lesson ]

ビデオの長さ: 3:35
チャンネル: ForBenglish

簡潔にまとめてありますが、分かり易いです。



R と L  口の形編 (絶対できる発音方法)

ビデオの長さ: 5:02
チャンネル: Machiko Osawa

黒板に絵を描きながら、小学生にRLの口の形について授業をされているビデオです。



なんとなぁ~く、LとRの音の違いや、発音の仕方の違いが分かった感じがしてきましたか?

ふと、目にした、早稲田大学がMassive Open Online Course(MOOC、ムーク)edXで公開している日本語会話の発音講座「Japanese Pronunciation for Communication」をチェックしてみたら、、、

使い分けが難しい日本語の例として、

来てください
着てください
切手ください
切ってください

というのがありました。

いや、日本人なら使い分けられるけど、、、これって、聞き取るのも、正しく言い分けるのも、難しいだろうなぁと。
この例は、発音というより、イントネーションだけど、やっぱり、母国語でない言葉をマスターするには、慣れるしかないですよね。


むか~し昔、英語の先生をしているニュージーランド人からアドバイスされたのは、「シャワーを浴びている時に、ラッララララ~ラッ、ラッララララ~ラッ、ラッラッララララ~と、ㇻの発音練習をリズミカルに行うといいよっ」てこと。
温まると、顔の筋肉もゆるんで柔軟性が期待出来るのでしょうか???

LとRの音に慣れるって言ったって、発音する機会がない~~~って人は、お風呂に入ってる時とか、シャワーを浴びている時に、毎日LとRの発声練習をすると、「おぉっ」という日(=違いが分かったぁ~っていう日)が来るかも?


英子からのお願い:
おすすめのLとRの発声練習ビデオや発音マスター方法があれば、コメント欄にてシェアしていただけると嬉しいです。

知らなかった!ドライバーレスカー(自動運転車)で実現したい夢

交通事故のニュースを目にする度、このトークを思い出します。
ドライバーレスカー(自動運転車)の世の中なら、、、。

約4分間の短いトークなので、興味がある方、見てみて下さい。



アメリカのスタンフォード大学で教授や人工知能の研究をされているSebastian Thrunさんのお話ですが、ドイツ出身の方なので、若干、ドイツ訛りのある英語です。

ビデオで見るより、文字で読む派の方は、こちらのページで。英語や日本語を含む、43言語のテキスト版ページが準備してあります。

ビデオ内の字幕の言語を切り替える場合は、
字幕の切り替え

字幕アイコンをクリックすると表示される字幕言語オプションから、選んで下さい。


どんな感想を持たれましたか?


このお話を聞くまでは、

ドライバーを必要としない自動運転車が普及すれば、

例えば、目の不自由な方、耳の不自由な方、心や身体に運転に支障のある何らかの障害を持っていらっしゃる方々や、

目が見え難くなったり、耳が聞こえ難くなったり、身体の動きに制限が出て来たおじいちゃんやおばあちゃん世代でも、

自由に車が使えるようになって、便利になるなぁ~と思っていた英子です。


移動する間に本を読むことが出来たり、移動時間を有効活用出来たりするなぁ~とか。

駐車場が必要無くなるかもなぁ~とか。


そういう便利さの前に、もっと大切で大きな目標というか、目的があったんですね。

それから、人生でとても悲しい事や辛い事があった時に、その経験を、未来をより良くする為の動機として、実際に行動に移すという姿勢は、見習いたいなぁと思いました。


皆さんは、このお話から、何か感じられましたか?

英語でも日本語でも、どちらでも構いません。
皆さんの自由な感想も聞かせて下さ~い。(コメント欄にお願いしま~す。)

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

英語の教材は自分に最適なものを自分で作る時代

以前、英語のニュース記事からクイズを出していた英子ですが、、、またまた路線変更。(笑)

「下手な英語もこうすりゃ使える」を通じて実現したいことも、徐々に形を変えつつあって、日々、いろ~んなアイデアを考えてます。

どんな外国語でもたった6カ月間で学べる方法とは?」でご紹介したビデオに出てくる外国語を学ぶ際の五つの基本原則の一つ目は、「自分に関係のある、自分に適した内容に集中すること」でした。

この時、ハッと気づいたというか、下手英の今後の道が見えてきたというか。。。


英語の教材って、内容が既に準備されたものばかりですよね。
英語のテスト問題も、既に準備されている質問の答えを探していくものばかり。


実際の生活での英語(言葉)は、自分自身が置かれた自分特有の環境の中で必要としている内容を知ることだったり、
自分自身の疑問や直面した問題に対する答えを探していくことだったり。


ということは、、、

みなさん自身が興味を持ったことについて、みなさん自身が知ろうとすることが大切なんじゃないかと。

つまり、英語のビデオやニュース記事、ありとあらゆる英語の情報に、インターネット上で簡単にアクセス出来る今、

「英語教材」は、

自分に最適なものを自分で作る時代なのではないかと。



そこで、英子からの提案です!

「英語を勉強しなきゃならない」
「英語が使えるようにならなきゃいけない」

と、

「英語が使えるようになること」

を目標にするのではなくて、


「自分が興味を持ったことについてもっと知りたい」
「〇〇さんが話している内容が分かるようになりたい」

と、

「自分自身が必要としている知識を増やすこと」

を目標にしてみませんか?



これからは、「英語の勉強になりそう」という視点ではなく、内容が面白そうな英語による情報を、英子が「問い」や「答え」を準備することなく、ご紹介していきたいと思っています。

興味が無い内容は、すっ飛ばしちゃって下さい。

その代わり、内容を知りたいと、興味をそそられた内容は、何としてでも自分で内容を理解する方法を、見つけ出してみて下さい。



「知りたい」という興味が、慣れるまでは、とてつもなく時間が掛かるかも知れない英語理解の「もどかしさ」を上回って

「英語で知識を増やす喜び」
「英語で知りたいことを知る喜び」

を感じていただけたらと思います。



英語に関する解説はあまり加えず、英語で発信されているいろんな情報を、どんどんアップしていきますね。

みなさん自身が知りたいと思った内容は、みなさんそれぞれに合ったやり方で、辞書翻訳ツールを使ったり、関連情報を検索したり、人に助けを求めたりしながら、読み解いていって下さい。


英語をツールとして、
自分で興味を持ったことを知ることに、
是非ぜひチャレンジしてみて下さ~い。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

どんな外国語でもたった6カ月間で学べる方法とは?

五つの基本原則と、七段階の実践方法で、ど~んな外国語でも学ぶことが出来る!と言い切っているChris Lonsdaleさんのお話。
興味のある方、是非ぜひ聞いてみて下さ~い。(ビデオの長さ20分弱:18:26)



実際に、たった6ヵ月間で、どんな外国語(英語を含む)もマスター出来てしまうかどうかは別として、なかなか参考になるポイントがたくさんありました。

2013年にTEDxLingnanUniversityで公開されたお話です。


~YouTubeやTed Talkのビデオになれてない方へ、英子からの余計なおせっかい使い方のヒント~

英語の聞き取りに慣れていない場合は、英語の字幕を表示したり、意味が理解できているかどうか不安な場合は、日本語の字幕を表示したりして見ると、いいかもしれませんよ。
後、スピード調整が出来る場合は、慣れない内は、スロースピードで聞いてみるといいかも知れません。

1)字幕を表示する
英語や日本語の字幕が用意されているビデオがあります。
上記ビデオの場合、18種の言語の字幕が用意されていました。

まず、設定のアイコンをクリックします。(ビデオの再生を始めた後、ビデオ映像の上にマウスを持っていくと、設定アイコンが表示されます。)
そうすると、変更出来る設定のオプションが表示されます。
ビデオ設定


字幕のところをクリックすると、字幕のオプションが表示されます。
字幕オプション


下へとスクロールして、英語、又は日本語を選択します。
日英



※注…機械による自動字幕機能を使った字幕の場合は、時々、ネイティブの人の英語でも、間違った音声認識で、誤字幕が表示されたり、認識不能という表示が含まれたりする場合があります。


2)速度を調整する
字幕の場合と同じで、まずは設定のアイコンをクリックし、その後、オプションの中の速度をクリックします。
そうすると、下記の様な速度の選択オプションが表示されます。
数字が大きいほど速度が速くなり、少ないほど遅くなります。
速度



以上、参考にしていただけたら嬉しいです。


無料で英語を自分で勉強する時に、YouTubeのビデオはとっても便利ですよ~。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術





次のページ

プロフィール

下手名英子(へたなえいこ)

筆者:下手名英子(へたなえいこ)
メールマガジンを始めた時に書いた英語とのお付き合い歴はこちら
写真は、二十数年前、語学学校の卒業式でスピーチ中の英子。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード



人気コンテンツ
名前の性別見分け表
英語でニュースを読む
一般常識の英略語
携帯等で使う英略語
翻訳コンテスト情報
ビデオで英語感