英語でクリスマスカードを書く時に便利な英文メッセージの例文集

「英語でクリスマスカードを書きたいけれど、、、何て書いたらいいのか分からない~~~」と、英文メッセージ例を探している人が多いみたいなので、クリスマス用の英文メッセージの例文集を集めてみたんですが、、、アップする前に、「ん?英文例文というカテゴリーに、記事が一つある」と気づいて、確認してみたら、、、

なっ、なんと、この下手英ブログの一つ目の記事が、「クリスマスカード」という、例文集でした。すっかりしっかり思いっきり忘れてました。
本家サイトの付録として誕生したこのブログ。クライストチャーチの地震その他、本当に、ほんとうに、いろんなことがあった2011年に、最初の記事をアップしてたんですね。。。


過去記事があったことを、すっかり忘れて準備した下記の情報。
そのままアップします。2011年の「クリスマスカード」と一緒に、ご活用くださいませ。

例文情報があり過ぎて困る!という場合は、勘というか、なんとなくフィーリングが合うというか、そういうgut feeling(直感)やinstinct(本能的感覚)みたいなものを頼りに、選んでみるといいかも知れません。

それにしても、2011年と重なったサイト情報がないことにびっくり。
2011年に集めた情報と、今回、2019年に集めた情報で、英文クリスマスメッセージの内容や傾向に、違いがあるのかなぁ。
日本の年賀状とかも、メッセージの内容や傾向に、違いが出てきたりしてるのかなぁ。
興味がある方、2011年と2019年のクリスマスメッセージ例文を見比べてみて下さい。(←英子自身が比較してみれば良いとは思いつつ、時間に追われてそのままになってしまいそうなので、、、最近、procrastinator(物事を先延ばしする傾向のある人)色の強い英子に期待せず、気になった方は、即、チェックしてみて下さい。)


冠婚葬祭での日本語のスピーチや挨拶状、電報等の見本や例文を紹介しているサイトがたくさんあるのと同じように、英語のネイティブスピーカー向けに、英文メッセージの例文を紹介しているサイトもたくさんあります。

英語のネイティブスピーカーだって、英語ですらすらとメッセージが書けるわけではありません。(英語圏に20年以上暮らし、長年、英語のクリスマスカードを書いたり貰ったりしてきた英子も同じ。)

ということで、「英語でクリスマスカードをどうやって書いたらいいんですか?」とか、「クリスマスカードには、英語で書く決まり文句のようなメッセージがありますか?」といったみなさんの疑問に答える為に、集めてきました!
そんな、英語圏の英語のクリスマスメッセージの例文集。(ここのところ、マンネリ化した英文クリスマスメッセージしか書いていない英子自身も参考にする為。)

今一つ、「どの英語のサンプルメッセージを選んだらいいのか分からない」とか、「この英語のクリスマスメッセージ例の意味が分からない」という場合は、コメント欄で英子に質問して下さい。英子が分かる範囲でお答えします。


クリスマスカードのメッセージは、どんな相手に書くのかによって変わってきますが、英子の場合、「Dear [相手の名前]」の後、基本の「Merry Christmas!」(この部分は、印刷済みのカードも多いですが…)、そして、「Have a very Merry Christmas and a very Happy New Year!」みたいなことを書いて、「Thank you for your help/support/friendship ...」の書き出しでその相手に対して感謝している個別ミニエピソードを添えて、「Very best wishes」とか「Love/Heaps of love」とかで締めくくって、名前をサインしてって感じでしょうか。

最近、クリスマスをお祝いしない人たちに向けて、Season's Greetingとして、年末年始の挨拶のみのカードを送るケースも増えてきました。(ビジネス等の中には、顧客のパーソナルなことまで、個別に分からない為、宗教的なメッセージを排除した、Season's Greetingをクリスマスカードの代わりに送るところもあります。)

ケースバイケースで、「あなたが、誰に、どんな気持ちを込めて送るクリスマスカードなのか」を忘れないようにしながら、英語のメッセージ例文から選んだり、例文を参考に自分のオリジナルメッセージにしたりして、英語のクリスマスカードを作成してみて下さい。

英子のつぶやき:余談ですが、、、各例文紹介ページのタイトルを見ると、「write in a Christmas card」と、クリスマスカード上(on)ではなく、クリスマスカードの中(in)に書くって言うんですね。二つ折りのカードが定番だからかな。英子が何も考えずに英語にすると、write on a Chrismas cardってしてしまいそう。。。


Christmas wishes: what to write in a Christmas card [Hallmark]
※英子がニュージーランドからページにアクセスすると、「Shop Hallmark New Zealand」と、お買い物する場合はニュージーランドのHallmarkサイトにアクセスした方がいいですよというポップアップメッセージが表示されました。クリスマスメッセージの英語の例文が掲載されているのは、アメリカのHallmarkのサイトで、リンク先ページ(アメリカのHallmark)でお買い物をする場合は、アメリカ国内の請求先住所を持っていないといけませんよ~という案内です。「Would you rather shop Hallmark New Zealand?」というメッセージには、[No]をクリックして、そのままアメリカのHallmarkのサイトへ。

リンク先ページには、HallmarkのSenior WriterのCat Hollyerさんによる、2分間の動画があります。
聞き取りが苦手な方は、英語の字幕付きで見ることも出来ます。
クリスマスカードを書く時には、クリスマスミュージックを聞きながら、インスピレーションが湧く場所で、、、みたいなアドバイスが、クリスマスカードに抱く日本的感覚とは違うなぁと思った英子です。
動画内には、For Friends(友達へ)、For Family(家族へ)、For Co-workers(仕事を一緒にしている人たちへ)、For tough times(悲しい&辛い状況の人たちへ)といった場合に、どんなメッセージを書けば良いのかのアドバイスがあります。

動画の後には、文章による解説と例文があります。
Gearing Up to Write(書く準備)
For Friends(友人へ)
For Family(家族へ)
For Those Who Are Far Away(遠く離れている人たちへ)
Difficult Circumstances(難しい状況にいる人たちへ)
For Professional Relationships(仕事関連の人たちへ)
Warm Closings(結びの言葉)


Christmas Greetings Wording: What To Write In A Christmas Card [Shutterfly]
※最終更新は、2019年11月26日になっていますが、過去に掲載した記事を毎年更新しながら例文を追加しているみたいで、、、「Happy Holidays and warm wishes for 2016!」という例文も含まれていました。今年のクリスマスカード用のメッセージに使う場合は、「Happy Holidays and warm wishes for 2020!」と、2016年を、来年の2020年に変えることをお忘れなく!

かなり長い記事ですが、記事の最初に、各テーマ別クリスマスカードの例文集にジャンプできるリンクが準備されているので、興味があるテーマの英文メッセージ例文を直ぐに見つけることが出来ます。

What to Write in a Christmas Card(クリスマスカードには何を書いたらいいのか)
Classic Christmas Card Messages(定番のクリスマスカードメッセージ)
Funny Christmas Card Messages(面白いクリスマスカードメッセージ)
Religious Christmas Card Greetings(宗教色の強いクリスマスカードの挨拶文)
Business Christmas Card Greetings(ビジネス系のクリスマスカードの挨拶文)
Christmas Card Quotes(クリスマスの格言集)
Christmas Messages For Friends(友達へのクリスマスメッセージ)
Christmas Messages For Family(家族へのクリスマスメッセージ)
Messages For Co-Worker(同僚へのメッセージ)
Messages For Boss(上司へのメッセージ)


WHAT TO WRITE IN A CHRISTMAS CARD [american greetings]
※最初にアクセスした時に、ページの下に、このサイトはクッキーを使ってます。。。というメッセージが表示されました。クッキーについて了承しました~という場合には、[OK]をクリックすると消えます。

Ho! Ho! Ho!で解説メッセージがスタートしているところに、「クリスマス感」を感じた英子です。

下記のテーマ別に、クリスマスカードの英文メッセージサンプルが掲載されています。
GENERAL CHRISTMAS MESSAGES TO WRITE IN CARDS FOR ANYONE(誰に対するカードにも書ける(使える)一般的クリスマスメッセージ)
CHRISTMAS MESSAGES FOR FAMILY(家族へのクリスマスメッセージ)
CHRISTMAS CARD MESSAGES FOR FRIENDS(友達へのクリスマスカードメッセージ)
CHRISTMAS CARD SENTIMENTS FOR THAT SPECIAL SOMEONE IN YOUR LIFE(あなたの人生で特別なあの人へのクリスマスカード愛情表現)
CHRISTMAS MESSAGES FOR ACROSS THE MILES(遠く離れた人へのクリスマスメッセージ)
RELIGIOUS CHRISTMAS CARD MESSAGES(宗教的なクリスマスカードメッセージ)
HOLIDAY GREETINGS FOR THOSE WHO DON’T CELEBRATE CHRISTMAS(クリスマスを祝わない人たちへのホリデーグリーティング)
CLEVER OR FUNNY CHRISTMAS CARD MESSAGES(とんちの聞いたとか、面白いクリスマスカードメッセージ)
BUSINESS CHRISTMAS CARD GREETINGS AND HOLIDAY MESSAGES TO EMPLOYEES(ビジネスのクリスマスカードグリーティングや、従業員へのホリデーメッセージ)
ADD A DIGITAL GIFT CARD (クリスマスギフトとして、デジタルギフトカードを加えることが出来ますよ~という宣伝?このサイトは、オンラインショッピングサイトなので。)


Christmas Card Messages & Wishes For 2018 [Tiny Prints]
2018年にアップされているものです。例文以外のアドバイス等もあります。

Best Christmas Card Messages & Wishes(模範的なクリスマスカードに含めるメッセージや願い)
Classic Christmas Greeting Card Messages(典型的・伝統的なクリスマスグリーティングカードメッセージ)
 -Merry Christmas Wishes(メリークリスマスの願い)
- Happy Holidays Messages(ハッピーホリデーメッセージ)
Religious Christmas Card Greetings(宗教的なクリスマスカードグリーティング)
Christmas Messages For Friends(友達へのクリスマスメッセージ)
Christmas Messages For Family(家族へのクリスマスメッセージ)
Christmas Messages For Teachers(先生へのクリスマスメッセージ)
Business Christmas Card Greetings(ビジネスのクリスマスカードグリーティング)
Christmas Card Quotes(クリスマスカードに使える格言が言葉の引用)
Signing Christmas Cards(クリスマスカードの結びの言葉)


75 Best Christmas Wishes & Christmas Card Messages [HOMEMADE-GIFTS-MADE-EASY.COM]
タイトルは、75のベストクリスマスウィッシュとクリスマスカードメッセージになっていますが、80の例が、番号付きで掲載されています。

Merry Christmas Card Messages & Wishes(1-22:人気のある一般的なメリークリスマスカードのメッセージと願い)
Holiday (non-religious) Christmas Card Messages & Wishes(宗教色のないホリデークリスマスカードのメッセージと願い)
Happy Holidays Greetings(23-32:ハッピーホリデーグリーティング)
Season’s Greetings(33-47:年末年始のグリーティング)
Religious Christmas Wishes & Card Messages(48-62:宗教的なクリスマスの願いとカードメッセージ)
Biblical Christmas Card Messages & Wishes(63-70:聖書のクリスマスカードのメッセージと願い)
Christmas Card Messages on Images(71-80:画像上に含めたクリスマスカードのメッセージ)


Christmas Card Messages: What to Write in a Card [funkypigeon.com]
2018年にアップされている例文集です。

ユニークで面白いクリスマスメッセージのアイデアや例文をオンラインリサーチして集めたそうです。
ユニークで面白いメッセージの例文は、使う相手を間違えると、相手を笑顔にする代わりに、相手を不快にさせてしまったり、関係にひびが入ってしまうかも知れないので、ジョークが通じる相手かどうかを確かめてから、自己責任でご利用下さい。


以上です。

お気に入りの英文クリスマスメッセージは見つかりましたか?
クリスマスカードに書かれた「英語の文章」ではなく、クリスマスカード、そして英文メッセージに込めた「あなたの気持ち」が、相手に伝わるといいですね。

Have a very Merry Christmas, everyone!

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

英語でラグビーの実況中継を聴いてみる

日本代表が大健闘したラグビーワールドカップ2019日本大会。

いよいよ今夜は準決勝。
英子が暮らすニュージーランドのオールブラックス対イングランドの試合があります。

4年に一度というラグビーワールドカップ。
今大会で優勝すれば、なっ、なんと、3連覇というオールブラックス。
ラグビー大国とも呼ばれるラグビーの熱狂的なファンが多いニュージーランドですが、3連覇が掛かっているとあって、いつもにも増して、もう、思いっきり盛り上がってます。

準決勝、決勝は、TVNZのOne(地上波)で生中継。
スポーツ中継は、実況中継担当者も、思いっきり興奮してたり、元ラグビー代表等のコメンテーターの人たちも、熱のこもった解説をするので、生きた英語を聞くことが出来ます。

ということで、ラグビーファンの人も、そうでない人も、ラグビーの試合の実況中継を、英語で聴いてみませんか?

ラグビーワールドカップ2019のオフィシャルサイトの各試合のページで、試合開始後にネットラジオ(World Rugby Radio)を、選択した言語で聞くことが出来ます。(英語、ドイツ語、スペイン語、日本語から選択可)

実況中継を聴く方法は、簡単です。

1) 下記、イングランドとニュージーランドの試合詳細ページを開く。(実況中継は、試合中のみ(試合前後も若干含む)です。)

England v New Zealand - Rugby World Cup 2019 | rugbyworldcup.com
https://www.rugbyworldcup.com/match/semi-final-1

英語版のサイトが表示されていない場合は、ページ右上にある言語選択で、Englishを選びましょう。
rwc2.png


2) [LISTEN LIVE]という赤いボタンをクリックする。(ページ左上、ナビゲーションメニューの下辺りにあります。)
rwc1.png

クリックすると、ラジオ言語の選択リストが表示されるので、Englishを選んで下さい。


3) 三角の再生ボタンをクリックする。(試合速報等が表示される場所の上にあります。)
rwc3.png

TuneInというアプリをダウンロードすると便利、、、みたいなメッセージが表示される場合がありますが、アプリをダウンロードしなくても、再生ボタンをクリックすれば、ブラウザ上で実況中継を聴くことが出来ます。
rwc4.png

ちなみに、その下にある試合情報タブでは、それぞれ、

COMMENTARY:速報コメント(ツイッター等のソーシャルメディア投稿を含む)
VIDEO:動画(試合前インタビュー等も含む)
TIMELINE:得点や選手交代のタイムライン
STATS:統計データ(過去10分間、どちらのチームが優勢かとか、試合全体の統計データ、活躍している選手、選手毎のデータ等)
SOCIAL:ソーシャルメディアの投稿一覧

といった情報を確認できます。

4) 実況中継を停止したい場合は、四角い停止ボタンをクリックする。
rwc5.png

以上です。

既に試合が始まってますが、、、今からでも遅くはありません!
ラグビーの実況中継を英語で聴いてみましょう♪

Gooooo AllBlacks!

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

サッカー女子ワールドカップ なでしこジャパン vs スコットランド戦の試合前会見から学ぶ、見逃しがちな英会話の落とし穴

いよいよ今夜は、サッカー女子ワールドカップ2019、なでしこジャパン対スコットランドの試合ですね。

FIFA(Fédération Internationale de Football Association/国際サッカー連盟)のYouTubeチャンネル、FIFATVで、なでしこジャパンの高倉麻子監督と菅澤優衣香選手、そしてスコットランドチームの監督のシェリー カーさん(もう一人の人は、名前が聞き取れなかった~)のオフィシャル試合前会見の動画が公開されていたのでご紹介してみたいと思います。


生きた英会話を学ぶチャンス!ということで、せっかくなので、見逃しがちな英会話の落とし穴も一緒にご紹介したいと思います。


JPN v. SCO - Japan - Pre-Match Press Conference
By FIFATV

なでしこジャパンの試合前記者会見

ヘッドコーチとして紹介された高倉麻子監督の名前、何回聞いても、アサカ タカクラに聞こえます。。。
こんな風に、英会話の中で、日本語の名前は、微妙に違った発音をされることがよくあります。


記者会見の最初に、注意事項のような説明がありました。

まず、携帯電話のスイッチを切る事、そして、通訳についての案内。
英語と、開催地がフランスなのでフランス語、日本チームに合わせて日本語の同時通訳の手配がしてあるんですね。
ちなみに、進行係の方は、フランス語訛りの英語ですね。

それから、カメラマンは、最初の5分間だけで退出すること、フラッシュは使わないようにとの注意もされてます。
質問する人は、手を挙げて、マイクを待つこと、また、同時通訳をする為に、質問を始める前に、必ずどの言語で質問するかを言うようにとの指示もあります。
名前と、所属メディア名も言うようにと。

こういったイベントの最初に説明がある注意事項やルールみたいなことは、だいたいどんな内容を言われることが多いのかを知って慣れておくと、聞き取り易くなると思います。


会見の質問と答えについては、一つ一つは解説しません。
が、内容について気になることや、同時通訳部分も含めて、会見の中で使われている英語について、質問疑問があれば、コメント欄にメッセージを残して下さいませ。出来る範囲で追加解説させていただきます。


ではでは、最初の落とし穴。

見逃しがちな英会話の落とし穴 その1:

同時通訳は、限られた時間で、ある言語からある言語へと通訳をする必要があります。
ということで、話された内容の全てを通訳後の言葉に含めることは、なかなか難しいです。
なので、じっくりゆっくり聞いてみると、、、結構、省かれている内容があったり、ニュアンスが微妙に違っていることがあります。
同時通訳だけに限らず、通常の通訳の場合でも、訳された言葉は、オリジナルの言葉とは、全く同じではないということを忘れないようにすることって、大切だと思います。全く同じだと思ってしまうと、誤解が生まれたり、会話の内容に微妙な調整や修正が必要なことに、気づけなくなったりします。




JPN v. SCO - Scotland - Pre-Match Press Conference
FIFATV

スコットランドチームの試合前記者会見

なでしこジャパンを褒めまくっているような気がしますが。。。
なでしこジャパンについて、すごく研究されてそうですね。


こちらの動画についても、会見の質問と答えについては、一つ一つは解説しません。
が、内容について気になることや、同時通訳部分も含めて、会見の中で使われている英語について、質問疑問があれば、コメント欄にメッセージを残して下さ~い。出来る範囲で追加解説させていただきます。


見逃しがちな英会話の落とし穴 その2:

母国語ではないにしても、英語も公用語として普通に話されている国はたくさんあります。が、日本人の英語に特有の訛りがあるのと同じ様に、それぞれの国で英語に強い訛りがあったりします。
この会見でのスコットランド訛りの英語、慣れていない人にとっては、かなり聞き取り難かったのではないでしょうか。
世界のいろんな国で、いろんな人たちと会話をする際の英会話は、訛りも様々です。
「アメリカ英語、イギリス英語、訛りのないキレイな英語を話したい!」という目標を持って英会話の勉強をしている方も多いと思いますが、、、英語を母国語として、イギリスやアメリカの訛りの少ない地域で育った人たちだけと会話をしたいという場合を除いては、訛りのある英語の存在も、忘れないようにすることって、大切だと思います。
グローバルな環境では、それぞれの英語のレベルも訛りも様々という、共通する母国語を持たない人たちが集まって、英語で会話をするという場面もたくさんあります。そういう場面では、上手な英語より、いかに相手の下手な英語を理解し、いかに自分の下手な英語を相手に理解してもらうかが、重要になったりします。



そんなこんなの、なでしこジャパン対スコットランドの試合前会見から、見逃しがちな英会話の落とし穴をお届けしてみました。

頑張れなでしこジャパン!

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

心に問いかける英語のスピーチ:「少なくとも、これくらいなら出来る」ってことが、大きな違いをもたらすことも

英語が使えるようになりたいとずっと思っているのに、何も出来てないと思っているそこのあなたっ!

英語の動画を一つ見たくらいじゃ何も変わらないと思わずに、この8分間の英語の動画(ハーバード大学の卒業生のスピーチ)を見てみませんか?


Graduate English address by Lucila Takjerad | Harvard Commencement 2019
By Harvard University
Published on 30 May 2019

このスピーチを聞いた後、

"At least I can share this video with as many people as I can..."
(少なくとも、この動画を出来るだけたくさんの人に紹介することは出来る…)

と思った英子です。

※耳で聞き取るのが苦手な方は、「字幕 - 英語(自動生成)」をオンにして下さい。(英語版YouTubeの場合は、Subtitles/CC - English(auto-generated)をOnに。)
※動画再生に慣れていない方、「どんな外国語でもたった6カ月間で学べる方法とは?」の記事内で、字幕設定について解説してます。又は、字幕設定の管理 [YouTube ヘルプ]をご参照下さいませ。


スピーチの出だしで、

"as Harvard graduates, you will be asked to go into the world and do the most you can do"

に続いて、

"I am here to ask you to do the least"

と聞いた時には、ちょっと驚きました。


ハーバード大学の卒業生として世界に飛び出したら、出来るだけのことをするように、、、というのが当然で、

少なくともというか、最低限のことをするように、、、という言葉が、意外だったからです。

ハーバード大学のような優れた大学で高い知識を身に着けた卒業生たちに、卒業生代表の一人が贈る言葉として、不思議な感じがしたからです。



でも、最後まで話を聞くと、納得できます。


アルジェリアの小さなビレッジで育ったという話し手のLucila Hanane Takjeradさん。

水道の無い家で、週に一度、公衆のお風呂でのシャワーだけだった子供の頃。

ご両親に心配を掛けないように、空腹を我慢していたこと。

7歳の時に、内戦が勃発して、明日も家族全員が無事に夕食の席についていますようにと神様に祈っていたこと。


そんな中、1994年の夏に起きた運命的な出来事。

フランス政府がアルジェリアからの難民を受け入れてくれることになって、希望者はリストに名前を書く必要があったけれど、文字が書けなかったお母さんは、そのリストに名前を書けなかった時。。。

難民としての受け入れ希望者は、名前を書くだけでいいと、手続きをする側は思っていたんだと思いますが、、、その名前を書くだけが、出来なかった人が、いったいどのくらいいたんでしょう。。。


文字が書けなかったお母さんの代わりに、名前を書いてくれたという通りすがりの人。。。

文字が書ける人にとって、代わりに名前を書いてあげることなんて、ほんの些細なことだったと思います。

その「名前を書く」ということが、話し手のLucilaさんと彼女のご家族のその後の運命を、良い方向に大きく変えたことを、その通りすがりの人は、全く知らないかも。

ちゃんとお礼を伝えることも出来ていないという、その名前を書いてくれた通りすがりの人。

この動画を、世界のどこかで目にされている可能性はあるのかなぁ。


ほんのちょっとしたことが、誰かの大きな助けになったり、人の運命を良い方向へと変えたりすることって、気づいていないだけで、人生には、たくさんあるのかも。

英子がこの動画を紹介することが、今この文章を読んでいるあなたの助けになったり、良い方向へと進んでいく為に役立ったりするかも、と考えると、ワクワクします。


2002年に「下手な英語もこうすりゃ使える」を始めた頃には、何かもの凄いことをしようとかっていう想いや野望は全くなくて、「英語が使いこなせるようになりたい!」と思っている人の少しでも役に立つことが出来たらいいなぁっていうか、たった一人でも、「下手英の情報が役に立ちました!」って言って下さる方がいればいいなぁと思っていたような。。。

いつの間にか、「おぉ~、これは凄いっ!」という英語上達のミラクル情報を見つけて来なきゃとか、もっともっとたくさんの人に役立つ内容にしなきゃとか、知らない内に、気負いが生まれていたかも。


今までの人生のほぼ半分の期間、英語圏で仕事をして、就職&転職を繰り返して、いくつかの資格も取得して、英語が上達すればするほど、言葉以外の壁に気づいたり、英語が分かることで見えてくる問題に直面したり。。。

いろんなことを、大きく考え過ぎるようになってしまっていたかも。


この動画を見て、「ほんのちょっとしたことでも、大きな意味を持つことはあるんだ」と、何だか、昔の気分に戻ることが出来ました。


100人に1人、いや、1000人に1人の読者の人にだけ役立つ情報かも知れないってことでも、英語に関する情報を、どんどんアップしようっと。

「英語が使えるようになりたいとずっと思っているあなた」の為に、

少なくとも、それくらいは、英子にも出来ることだから。

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

100%より、50%の英語をどんどん使おう!

一カ月以上、記事を投稿していないと、このブログシステムの規定で、どど~んと広告が表示されてしまって、過去の記事が読み難くなってしまうので、、、その対策用に、この記事をアップしま~す。
次の記事の準備に一ヶ月以上掛かってしまった時には、この記事をその都度再更新しようと思います。

読んだ方が、「えっ、また~」とがっかりしてしまうことが無いように、、、何度読んでも、「おぉ~」と頷いていただけるような、繰り返し伝えたいメッセージを、この記事内に集めてみたいと思います。


まずは、この記事のタイトル、
「100%より、50%の英語をどんどん使おう!」

について。
これは、去年、日本へ旅行に行ったニュージーランド人の友達の息子さんが、帰って来た後に私に言った一言から、これって、「英語を話したいと思っている日本の人たちにとって、一番大切なことかも?」と、英子が思ったことです。

「日本の人たちが、あんなに英語が出来ないとは思わなかった、、、」って、言われたんです。
詳しく聞くと、ある程度話せるか、全く話せないかのどちらかで、中間の人たちがいなかったって言うんです。

そこで、英子が、はたと気づいたのは、、、
英語に自信がない人は、一言も英語を話そうとしないのではないかということ。

英語が全く話せないという訳じゃないけど、英語に自信がないからと、英語圏からの旅行者から話しかけられても、全く使おうとしないのではないかと。

他の国には、下手な英語でも自信を持って話す人が多いような気がします。だから、カタコトでも、英語が話せるという人が多い印象を受けます。
でも、日本では、正しい英語や完璧な英語を話すことにこだわり過ぎて、ちょっとでも英語に不安がある人は、英語で会話をするチャンスがあっても、全く話さないのではないかと。

学校英語や試験の為の英語では、「100%」か「ゼロ」か、正解か不正解しかない場合が多いので、完璧な英語を目指してしまう癖がついてしまっているかも知れませんが、、、人と人とのコミュニケーションの場合は、完璧な英語でなくても、身振り手振りや表情その他、気合いや勢いも合わせて、100%を目指せば大丈夫。

100%の英語でなくても、50%、いや、30%の英語でも、10%の英語でも構わないので、どんどん使って、50%を51%に、30%を31%に、10%を11%にと、徐々に徐々に、英語の完成度を高めていきましょう♪

ということで、今日から、今この瞬間から、下手な英語をどんどん使いましょう♪







次のページ

プロフィール

下手名英子(へたなえいこ)

筆者:下手名英子(へたなえいこ)
メールマガジンを始めた時に書いた英語とのお付き合い歴はこちら
写真は、二十数年前、語学学校の卒業式でスピーチ中の英子。

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

RSSフィード



人気コンテンツ
名前の性別見分け表
英語でニュースを読む
一般常識の英略語
携帯等で使う英略語
翻訳コンテスト情報
ビデオで英語感